にしおじかん

西尾市について

西尾の暮らしは十人十色。24時間いつの時も、まちには魅力があふれています。
ここだけの、あなただけのゆったりとした西尾の日々。
ゆとりある場所で、ゆとりある暮らしを感じてみてください。

にしおじかん

西尾市だけの特別な時間

24時間いつの時も西尾市には魅力あふれていること、そしてそんな時間を感じてほしいという願いをロゴマークに込めました。
「にしお→24○→㉔」がモチーフとなっており、西尾市のゆったりとした雰囲気と時間の流れを表現しています。

日常の暮らしの中で
自然を十分に感じられます

海あり山あり川ありで遊び場も満載。潮干狩りや海水浴、マリンレジャーが楽しめる海。三ヶ根山の景色やあじさいなどの四季の花々が美しい山。数多くの渡り鳥が集まる矢作川・矢作古川河口など、身近に自然を体感できます。

癒しとおもてなしの精神が
時を超えて受け継がれてきました

西尾市は、長い歴史と伝統が今も息づくまちであり、多くの史跡や名所がある歴史と文化のふるさとです。国宝金蓮寺弥陀堂をはじめとする歴史的文化遺産や古典籍の宝庫として全国に誇る岩瀬文庫など魅力にあふれています。

感性の扉を開く
自然に溶け込む佐久島のアート

一色港の沖合約10.8kmに浮かぶ佐久島は、信号もコンビニもない、のんびりとした時間が流れています。三河・佐久島アートプラン21の開催によって、島内には様々なアート作品があり、鑑賞・体験することができます。農業体験施設「クラインガルテン」は、簡易宿泊施設付き農園やバーベキュー施設があります。

産業のバランスのとれた
「ものづくり」のまち

県内有数のものづくりの集積地で、日本の経済発展の原動力ともいえる自動車関連産業が盛んです。また、地域ブランドとして名高い「西尾の抹茶」や「一色産うなぎ」、洋ラン、カーネーションなど農水産物も全国トップクラスの生産量を誇っています。

多彩な祭事に観光資源
活気あふれるまち

自然や歴史文化など資源が豊富で、観光スポットの多さに圧倒されます。海、島、歴史公園、街並み、そして食など、観光の魅力は尽きません。さらに、年間を通して行事も豊富。大迫力の「三河一色大提灯まつり」や、天下の奇祭「鳥羽の火祭り」は特に圧巻です。